美女と野獣の映画動画!あらすじとネタバレ考察

美女と野獣 映画

ディスニーが1991年に公開した「美女と野獣」のアニメを実写ミュージカル映画として公開。
主人公ベル役にエマ・ワトソンと歴代のミュージカル映画の最高の興行作品となりました。

そんな映画動画は、どこで無料で視聴することが可能でしょうか。
少し前であれば、違法サイトやdaylimotion等で見る事ができましたが最近は規制が厳しくなっています。

そこでどこの動画サービス(U-NEXT、dTV、ツタヤは取り扱いあるの?)どこで視聴可能か調査しみました。

美女と野獣の総合評価

口コミ総数
98412件
満足度
4.48 /5.00
dTV7
U-NEXT5
Amazonプライム・ビデオ4.5評価:396件
TSUTAYA4.1評価:94811件
GYAO評価:件
楽天TV4.9評価:432件

美女と野獣の映画のストーリーは?


美しさとたくましさを兼ね備えた好奇心旺盛な女性ベルと、あることがきっかけで野獣の姿に変えられてしまった男性が本当の愛を見つける物語です。

ベルはとても心優しく、物作りが大好きな父親と仲良く住んでいましたが、ベル親子は一風変わった親子として町の人々から避けられていました。

そんなある吹雪の日、父親が森で迷いこみ、偶然見つけたお屋敷の中に入ってみると、そこは野獣の住処でした。父親が勝手に屋敷に入ったことが野獣の逆鱗に触れてしまい、野獣は父親を牢獄へ。

父親を探しに来たベルは野獣に交渉し、自分が父親の身代わりになり、父親を逃すことに。

そこからベルと野獣は少しずつお互いの良さに惹かれていくのですが、バラが枯れるまでに本当の愛を見つけることという、野獣が魔女にかけられた魔法を解くまでに残された時間が刻一刻と迫っていた。

美女と野獣の見どころ5選!

リアリティー溢れる映像美

星

アニメ映画の美女と野獣でもお馴染みの屋敷に使える時計やろうそく立てたちが、コンピューターグラフィックで表現されていますが、それがとてもリアリティーのある映像で、本当に生きている面白さを味わえます。

美しい歌声や踊り

星

エマ・ワトソンはこんなに歌唱力があったのかと感動してしまうほど、心に響く歌声を披露しています。また登場人物たちの歌声や踊りにも勢いがあり、思わず目の前で起きている出来事のように思えてしまうほどです。

愛は奇跡を起こせるか

星

本当の愛を見つけるという、野獣にかけられた魔法を説くまでに残された時間は僅か。そんな中、ベルが住む町の人気者ガストンを始め、町の人々は野獣を倒そうと襲いにかかってきます。果たして野獣は生きていられるのか。

豪華なセットと背景

星

ベルの暮らす街や城の内装やそれまでの森、ベルと野獣が踊るダンスルーム全てが豪華絢爛でうっとりしちゃいました。みどころ②とかぶってしまいますが、衣装もみどころのひとつです。特に、ベルのドレスと野獣のスーツも漫画そのままでした。素敵。また、二人が踊るシーンは2人の心の距離が近づいた名シーンでもあります。

無料視聴する方法

定額制見放題!動画配信サービスの配信状況

(2018年7月1日更新)
VOD配信料金(税抜)
U-NEXT配信中!
31日間
無料体験実施中!

月額1,990円
(1,200円分のポイント付)
無料視聴する
dTV有料配信中!
30日間
無料体験実施中!

月額500円
無料視聴する
Amazonプライム・ビデオ取り扱いなし
楽天TV取り扱いなし
GYAO取り扱いなし

『美女と野獣』を見た感想

壮大なスケール

観ている人を引き込んでしまう映画でした。エマ・ワトソンが演じるベルと野獣が舞踏会で踊るシーンでは、豪華な演出が施されています。

女性なら子どもの頃、プリンセス系のアニメや映画を観て、一度は憧れたであろう場所かと思うので、思わずウットリしてしまいます。

またアニメ映画ではなかったベルのお母さんがどうして死んでしまったのかが描かれており、とても切ない気持ちになるとともに、だからこそベルと野獣がどのように幸せになって欲しいと感じる映画でした。

エマ・ワトソンの美貌に感動!

とにかく音楽・衣装・セットすべての再現率が高くて驚きました。エマ・ワトソンの美貌にも驚きました!

さすが世界美女番付トップ3ですね。

若干ミュージカルチックでもあるので、ストーリーも楽しみつつ音楽も楽しめます。ストーリーは、特にオリジナル性は出さず原作に忠実な為原作ファンも納得の一作になっています。

発表があった当初は、あれだけ有名なディズニー映画を実写化して大丈夫なのかな?と思っていましたが、全くそんな不安は要りませんでした。期待を超える仕上がりなので是非見ていただきたいです。

原作アニメと実写版の違い

2017年「美女と野獣」は、ディズニーファンの心をつかんだといっても過言ではないと思う。

原作と映画の「美女と野獣」は、ディスニーならではの愛らしさときらびやかな世界は一緒でしたが、原作と差別化と一部違うところがあるようです。

映画は、発明家だったベルの父親の職業をアーティストに変更して、本を読むことが大好きなベルの性格を表現するために母のシーンを追加した。

またベルの性格は、原作の可憐で、おしとやかではなくと少し違いとても積極的な性格になっていたと思う。特に野獣のお城から脱出するために、カーテンを引っ張り窓の外に投げつけるなどの姿を見せてくれます。

わずかな違いですが、少し違う物語の構成になっています。

原作と映画版のわずかの違いを見つけて動画を楽しんでもらえればと思います。

映画「美女と野獣」の主要人物

ベル役のエマ・ワトソン

(吹替:昆 夏美)

町一番の美女であり、優しく賢い女性で好奇心も多くの冒険に憧れている。

名前からは美女であるうえ、劇中でも最高の美女と紹介されています。世紀の美女の一人オードリー・ヘップバーンが、実際のモデルと言われています。

丸い瞳から雰囲気的にかなり似ている。

野獣

ダン・スティーヴンス
(吹替:山崎 育三郎)

本来王子(Prince)でしたが、魔女の呪いを受けて野獣になってしまう。

21歳の誕生日、妖精のバラの花が完全に枯れて、すべての花びらが落ちる日まで誰かを心から愛し愛さなければ、人間に戻ることができなくなる。

そうならなければ、残りの人生を永遠に獣の姿で過ごさなければならする立場に置かれる。

野獣に変わってしまった醜い容姿を見てこんな自分を愛してくれるはずのない現実に絶望して、どんどん性格が悪くなってしまう。

ガストン:ルーク・エヴァンス

(吹替:吉原光夫)
ベルを好きな理由は、美人だからそれだけ。自分は最高なので、自分に釣り合うのは彼女しかいないと考える。ベルを除く他の女性や村男たちには人気が高い。

美女と野獣の作品概要

監督:ビル・コンドン

公開日:2017年3月17日

放映時間:129分