正義のセ!見逃し動画・あらすじ・視聴率・視聴者評価まとめ

正義のセ
出典:日本テレビ公式サイトより

2018年4月から始まる春ドラマとして日本テレビ系で放映開始されて「正義のセ」。

阿川佐和子さんの小説がモチーフとなっています。

あらすじ

新人検事として奮闘する凛々子(吉高由里子)が事務官の相原(安田顕)や先輩検事と事件を解決していく物語です。

曲がったことが大嫌いな凜々子は真実を追究するため猪突猛進に突き進みます。時には感情を露にして暴走してしまうことも。

被疑者に対して感情的になりやすい凛々子に対して相原は、上手く凛々子をなだめたり助言したりしていく事で二人の絆も徐々に強くなってきています。

彼は凜々子に小姑のように小言を言いますが、凜々子の暴走に振り回されながらも協力して仕事に取り組みます。

また、三浦翔平さん演じるエース検事の大塚仁志、寺脇康文さん演じる支部長の梅宮譲、そして竹村家に助けられながら凜々子は成長していきます。

1話完結のお仕事痛快ドラマです。

みどころ

吉高由里子さんの感情あふれる演技

主人公の凛々子はとても素直な女の子で、怒ったり笑ったり悲しんだりと感情表現がわかりやすいです。

こういうキャラクターは、役者さんによってはわざとらしい演技になることがありますが、吉高由里子さんはとても自然に演じていらっしゃると思います。

また、このドラマは、被害者や被疑者を含めて、登場人物の心情を丁寧に描いているところも見どころの一つと言えると思います。

職場での先輩検事との関係

凛々子は、感情的になりやすく相手のペースに乗せられやすい所があります。

検事としてのマイナスポイントを事務官の相原がしっかりとフォローしてくれているので、事件解決に繋がっているのではないかと思います。事件を解決していくうちに相原さんとのコンビにも息が合ってきているので、今後さらに二人の絆が強くなっていく事に期待できそうです。

そして、彼氏と別れてしまった凛々子に新たな恋はあるのかも見どころです。

視聴率

第1話(2018年4月11日放送)視聴率:11.0%
第2話(2018年4月18日放送)視聴率:9.9%
第3話(2018年4月25日放送)視聴率:10.3%
第4話(2018年5月2日放送)視聴率:9.4%
第5話(2018年5月9日放送)視聴率:9.1%

視聴者の口コミ

1話完結なので見終わった後は毎回スカッとした気分になれます。回を追うごとに主人公が徐々に成長していく姿に感動します。

また、竹村家のシーンも見所です。

生瀬勝久さん演じる人情あふれる凜々子の父や、宮崎美子さん演じる母、そして広瀬アリスさん演じる妹との食事のシーンは、掛け合いも面白くてほっこりするシーンです。

ぜひそこにも注目してみてください!

2話を見た感想

容疑者の嘘や事件の隠された真相を暴く展開は、ワクワクしてみていて面白いです。時には感動もあり、特に2話の最後は号泣しました。

隠された真実の中に小さな人間ドラマがあって、そこもこのドラマの見所かなと思いました。個人的に、安田顕さんの演技がとても好きです。

小姑のように小言をたくさん言っていても、最終的には凜々子に協力し、一緒に真実を暴いたときの喜び方が可愛らしいなと思いました。

また凜々子の父を演じる生瀬さんも、なかなか素直になれない不器用な父親を演じていて、その表情の変化やせりふの言い回しがとても上手いなと思いました。

キャスト・出演者

吉高由里子 【竹村凜々子 役】
安田顕 【相原勉 役】
三浦翔平 【大塚仁志 役】
広瀬アリス 【竹村温子(はるこ) 役】
塚地武雅  【徳永太一 役】

脚本:松田裕子
制作:日本テレビ