海月姫のドラマ動画を見る方法!

海月姫
出典:フジテレビ公式サイトより

海月姫ロス続出!?

海月姫は講談社の「KISS」に連載されていたマンガが原作の実写化ドラマです。

2018年1月からフジテレビで放映されました。

オタク要素や女装男子を扱った難しい作品と言われていましたが、女装の完成度の高さと主人公の「芳根京子」の演技力によって腐女子に大人気の作品になりました。

海月姫のあらすじ

「天水館」に住むクラゲオタクな芳根京子演じる「倉下月海」がオタク仲間たちと、再開発のため、立ち退きを迫られている「天水館」をまもろうと奮戦するお話です。

ひょんなことから知り合った瀬戸康史演じる「鯉淵蔵之介」を「天水館」の部屋に入れてしまいますが、鯉淵蔵之介は女装が趣味なので、女性として仲間たちの前にはでてもらうことに。

鯉淵蔵之介は月海のファッションセンスに注目し、ブランドを立ち上げ、その費用で「天水館」を売却しないですむようにと試みていきます。

蔵之介の弟と、蔵之介、月海との三角関係で、恋の行方も気になります。

3つのみどころ

女装男子をしている瀬戸康史さん

瀬戸康史さんがすごくかわいいところがみどころです。他にも個性豊かな人達ばかりなので、笑ってしまうこと間違いないドラマです。

とくに好きなのは、三国志オタクである、まややがとてもおもしろい動きと声でとても魅力的です。

クラゲのドレスと聞くとどんなものだろうと感じてしまうと思うのですが、女性なら一度は着てみたいと思ってしまうほどきれいで華やかなドレスができるので、とても素晴らしいと感動してしまいます。

演技力抜群の芳根京子

オタク全開の月海を演じていますが、そのびっくりするほどの「切れっぷり」がすごいです。また、周りを囲む女優陣(木南晴夏、 松井玲奈、 内田理央、 富山えり子)もそれぞれ、「枯れ専」、「鉄道おたく」、「戦国おたく」、「人形おたく」と振り切った演技がすごいです。

そして、もうきれいな女優にしかみえない瀬戸康史の足のきれいさもいいですね。なにげにでてくるレクサス好きの要潤、はまります。

海月姫を見た視聴者の評価

ドラマ好き
ドラマ好き

見事クラゲのドレスを作る熱意

尼ーずのメンバーは、あまりにも引っ込み思案で他の人とは関わろうとしていなかったのに、すごく前向きになって努力している姿に勇気をもらうようなドラマです。

好きな洋服しか着ないメンバー達は、いつも地味な格好でもっとかわいい洋服を着ればいいのになと感じてしまうような場面も多くあるけれど、見事クラゲのドレスを作ることに成功したときはとても素晴らしいと思いました。

何着もドレスを作るのでとても素敵です。

そのドレスを着るシーンもあるので、とてもきれいでかっこよかったです。

とっても面白い

ストーリーははちゃめちゃですが、でてくる人物のキャラクターが濃すぎて、とっても面白いです。

視聴率はイマイチだったようですが、録画して毎回見ていました。要潤が最近まっとうな役がなくなってきているのですが、今回もその期待を裏切らない変な人ですが、大事な場面でとっても役に立ついい人で面白かったです。

瀬戸康史の女装は本当にきれいで驚きました。

同時期に志尊淳も女装の役で他局ででていましたが、いずれも引けを取らない感じです。

コメディ要素も恋愛要素あり

バランスがよく、いいドラマでした。

いつも笑わせてくれたのは運転手の花森さんです。真面目な運転手のようでいてさらっと毒舌だったりするので面白かったです。

蔵之助が月海を想うシーンは切なくなりました。兄だから、弟の彼女を好きでもどうにもできない気持ちがよく伝わりました。

月海が眼鏡を外してオシャレをするととてもかわいかったし、ファッションショーは華やかでおしゃれで見ていて楽しかったです。

キャスト

芳根京子:倉下月海/役(くらしたつきみ)
→イラストレーターを目指している重度のクラゲオタク。男性には不慣れであり卑屈な性格。

瀬戸康史:鯉淵蔵之介/役(こいぶちくらのすけ)
→大物国会議員の父と愛人との子。普段は女装で過ごしており、月海に興味を抱いている。

工藤阿須加:鯉淵修/役(こいぶちしゅう)
→蔵之介の腹違いの弟。女性が苦手な童貞エリート。徐々に月海に惹かれ始める。

木南晴夏:ジジ様/役(じじさま)
→枯れた中高年男性を好む、枯れ専。一番影が薄い。

松井玲奈:ばんばさん/役(ばんばさん)
→天然パーマでアフロのような髪型の鉄道オタク。

内田理央:まやや/役(まやや)
→常に赤ジャージで過ごす三国志オタク。誰よりも先に取り乱すことが多い。

富山えり子:千絵子/役(ちえこ)
→天水館の管理人で尼?ずのリーダー。和物オタク。

泉里香:稲荷翔子/役(いなりしょうこ)
→月海たちと再開発問題で敵対しているデベロッパー。